読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらの魔法かけて! Twitter@rainbow_5love

今日はきっと、君の街にも星は降る

♫内緒でサプライズするための選ぶプレゼント

君の喜ぶ顔を思い描きながら

今日ばっかりは財布のひもを緩めちゃうよ

花束にクラッカー イチゴのケーキ

にのみやくん。

敬愛なる二宮和也くん、33歳のお誕生日おめでとうございます〜!とっても嬉しい今日の日に何を書こうかなってずっと考えてたよ!でも考えれば考えるほど言葉より先にすきが溢れてしまうから、やっぱり気持ちの赴くままにポチポチしようと思う!

冒頭に載せた歌詞、さてなんの曲でしょう〜?( ˊᵕˋ )出だしでもサビでもなく、中途半端な部分なのだけど、『今日ばっかりは財布のひもを緩めちゃうよ』って歌詞がだいすき!まぁわたしはにのみやくんのことになると、いつだって財布のひもはユルユルだけどね、しあわせ!

ほんとこの1年にのみやくんは、談春さんやったり、坊っちゃんやったり、ころせんせやったり、死神さんやったり大忙しだったね…!どうしよっかな?とおもったんだけど、やっぱり『二宮和也32歳の1年』を語る上で母と暮せばは外せないなと思ったからその話しようね。本編から感銘を受けたこととかももちろんいろいろあるんだけど、あえてにのみやくんだけにフォーカスすると、階段に座ってお母さんをニコニコ眺めるあの顔でストンと落とされた。なんかあの、周りの空気に染み出すようにして現れる浩二くんは、にのみやくんの良さが最大限に発揮されてたと思った…『諦めの悪かねぇ、母さんは』もすきだし…、『元気なわけなかやろ!』もたまらんし…、『母さんの匂い』も萌えるし…あっ、もちろん『町子がね!』はマストだよね!!!『教室がぱぁっと明るうなって!さ!勉強すっぞ〜って気持ちになるよきっと〜!』は、町子ちゃんへの愛が溢れすぎててかわいい…それからさ…(すごい喋る今日)『冬は泣いて、春は笑う』ってキャッチコピー、特に大きく宣伝もされずにコソッと控えめに載ってたけど、よすぎない??何百回でもこの話するけど、わたしはこのフレーズめちゃくちゃ好きでした。浩二くんとお母さんの間に流れる、恋みたいな甘ささえあるその空気をそっと掬い上げたみたいなことばだったよ…。パンフレットも読みまくったし、雑誌は片っ端から買い漁ったし、事前番組も全部見たし、なんなら長崎の原子爆弾のこと映画みる前に調べたりもしたから…!思い入れ、というか…この映画はわたしにとって特別なものに感じているよ。

だからこそだよ。日アカ授賞式は、映画製作発表のあの日からずっと心にあたためてた、わたしの勝手な思いが、正式に『すばらしいよ!』って肯定されたようで嬉しかった…!(わたしの文才のなさによって、ものすごくエラそうというか上から目線みたいな文になってるけど、そうじゃないの…すごく謙虚な気持ちで喜んでるつもりです)この世の悲しみを全部背負ってしまったみたいに切なくて 恐ろしく綺麗なあのひとが、目をたっぷりの涙で光らせながら『うれしい』って言ったあのときのこと。わたしはたぶんずっと忘れないとおもうよ。さゆりさんと華ちゃんがにのみやくんに向けたやさしい顔と、力強く握ったその手を見て、なんかもうとにかく泣いたね。この後二宮和也登場!で、『えっ、盛大にネタバレ…?』って少しひいたことを差っ引いても大泣きだったね。授賞式終了後ソッコーDVD初回限定生産盤注文した、泣きながら!実は日アカ授賞式はあの放送をリアタイしたあと、見返してないんだよね。途中から見たから、華ちゃんの授賞で涙するにのみやくんとかも見てないの。何やってるんだ!って感じじゃない??(笑)見返すとまたボロ泣きすることが分かってるからどうしても踏み切れないの!大丈夫大丈夫、ちゃんと録画したのをだいじにしてるから!(宝の持ち腐れ感すごいあるね)

わたしがにのみやくんのことを好きになって思ったのは、『好き』って気持ちは感情の中でいちばん難しいものかもしれないな〜ってことです。『嬉しい!』とか『悲しい!』っていうのは『ケーキが食べられたから嬉しい!』とか『大事なネックレスが壊れて悲しい!』とか、必ず大元の原因があるのだけど、『好き』はそう簡単に説明できないんだなぁっていうのを本当に実感したね。決して好きな理由はひとつじゃないし、ほんとうに好きな人のことはココが好き!って一言でバシッと言い切れないし…何より嬉しくなったり悲しくなったり、プラスとマイナスの感情を両方兼ね備えてる感情はあまりないなと思うんです。ほんとう、わたしは完全ににのみやくんに落っことされてるなと思うのは、好きすぎて悲しくなるときだね(笑)わたしにない部分をたくさん持ってて、わたしよりもずっと大人なんだっていうのを実感したら、すぐ泣くめんどくさいおたく(笑)MステでDaylight披露した回で、aikoさんが『相手を尊敬して好きになる』っておっしゃってたけど、わたしもまさにそう!(ちなみにそのときの8ミリフィルムって曲にドハマリしたよ)仕事熱心で細やかな気遣いができるにのみやくんのことは、どれだけ尊敬しても足りない!と思っちゃうよ。好きで好きで千切れそうなくらいなのに『恋』とはまた違うの。にのみやくんって、いつだってわたしの心をあったかい光で満たしてくれる、言うなれば『魔法使い』そのもの、なんですね。

年齢を重ねた最近のにのみやくんはすごく包容力が出てきて、人間的魅力がものすごい。あぁ大人の男の人なんだな〜かっこいいな〜って惚れ惚れしちゃう。これはにのみやくんに限らず、あらしのひとたちみんなに言えるけど『いい年のとり方』のお手本すぎて好きだよ〜の底なし沼…。そのときそのときの彼が一番かっこよくて、一番だいすきって言えるのはすごくしあわせなことだねって、すごく思います。このまま34、35、…ってひとつひとつ歳を重ねていくにのみやくんを、わたしも一緒の速さで時を進めながら追いかけさせてね。

最後になるけど、わたしはにのみやくんを好きになって本当に本当によかった!って思ってるよ。アイドルっていうのは、その華々しい姿の裏に 一般人からは想像もできないくらいの過酷さと決意と情熱があるんだってことを彼を通じて知りました。冗談でも依怙贔屓でもなく、にのみやくんがわたしに広げて見せてくれた世界は確実にわたしの肥やしになってると思える。ほんとうにきょうは、感謝とお祝いの気持ちでいっぱい!

にのみやくんの33歳の1年が、たくさんのしあわせと笑顔で彩られますよう。

ありったけのHappy Birthdayのきもちと愛を込めて。

♫みんなに愛される君に僕も出会えたから

僕にとっても特別な日になったんだ

「おめでとう」と言える喜びを抱きしめながら

かけがえのない君の ハッピーバースデー

(えへへ、曲で挟み込むにもちゃんブログチックにしてみたよ!)